肌タイプに合わせた洗顔料を使用しよう

肌質に合った洗顔料を選ぶことが大切

洗顔料は自分の肌質に合ったものを選ばないと、肌トラブルの悪化につながってしまうことも少なくないようです。例えば乾燥肌・敏感肌で悩んでいる人が洗浄力の強い洗顔料を毎日使ってしまうと、どんどん乾燥が進んでしまい肌状態が悪化するリスクが伴います。オイリー肌の人が逆に洗浄力がマイルドな洗顔料のみ使い続けてしまうと、皮脂が落としきれず毛穴が黒ずむなどの肌トラブルを招いてしまうでしょう。

また、女性の場合は生理前や生理中などでホルモンバランスが変わってしまうと、肌状態も変化してしまうケースもあります。その時の自分の肌状態に合わせて、適切な洗顔料を使用するということが肌トラブルの予防につながりますし、美肌への近道です。

洗顔料のテクスチャーにも注目

洗顔料を選ぶ際、配合されている成分にだけ注目してしまいがちですが、「テクスチャー」にも目を向けてみると良いでしょう。洗顔料にはいくつかテクスチャーがありますが、それぞれ向いている肌質・向いていない肌質などが異なります。例えばスタンダードなフォームタイプは種類も多く、乾燥肌からオイリー肌まで自分の肌に合うものを選びやすいと言えます。プッシュするだけで簡単に泡が出てくる泡タイプは簡単に洗顔できますが、泡を作るために発泡剤が含まれていたり界面活性剤が多く含まれている商品も多く、乾燥肌や敏感肌の人が使用するには注意が必要です。逆にオイリー肌で悩んでいるという人の場合は洗浄力の高い、リキッドタイプやジェルタイプなどが向いていると言われています。